僕僕先生 仙丹の契り(仁木英之)

漫画にしろ小説にしろ、いまいちできの悪い主人公が成長する姿が描かれているものを読むのは好きだし楽しい。僕僕先生の1冊目はまさにそんな好きな感じの話だった。
続編でもそんな成長が見られるのかと期待した割には、主人公の王弁の成長具合はイマイチだった。

しかし、今回は1冊目のラストを彷彿させる成長ぶりが見られる話であった。こんな風に成長し始めると言うことは、と思ったら、あとがきで作者から「この話も終盤に・・・」「この文庫本が出された1年後には終了」などと言う事が描かれてあった(と言うことはさらに一年後に読むのかな?)。

今の王弁の成長具合と、先日読んだ「僕僕先生 童子の輪舞曲」のラストを思い出し、最終回を想像してしまうが、是非ともこちらの思いを覆す最終回を期待して。

昨日の夜にトラブルの連絡が入り、今日は午前中だけお仕事。おかげで明日読了の予定が早まってしまった。

SMS詐欺 パートⅡ

以前もSMS宛に「DMM」を語るメッセージが届いたが、今度は「Amazon」を語るメッセージが届いた。

おいらは、Amazonをよく利用するのでプライム契約もしている。基本プライムビデオは無料だし、有料ならカードで引き落とされるはずなので、こんなもが来ても「あーっまたか」ぐらいにしか思わないのだが、引っかかる人はいるんでしょうかねぇ。

大体SMSって金かかるんですが、こんなことして利益はどんなもんなのかなぁと思ったり。

みなさん気を付けましょうね。

今年最後の桜かな

今週末は良い天気。しかも、半袖のポロシャツでも全然平気な5月から6月の気温と言うちょっと歩くと汗だくになる。このまま行くと夏はどうなってしまうのだろうか?

さて、土曜日は生憎の出勤だったので、今日は今年の見納めとしてプラプラとしてきた。

ソメイヨシノはもうほとんど散ってしまったが、鬱金桜はちょうど満開になっている。残念ながら1本だけ植えられているので、プラプラしながら楽しむことができない。

同じく満開の八重桜。この木もポツンと1本だけなのでこの木の下で花見と洒落込むこともできない。

次の楽しみはゴールデンウィークの藤かなと思ったのだが、近所の藤はすでに芽が出ている状態。この調子だと連休にはどうなっていることやら※。

※ 連休にはどうなっていることやら
前半は仕事の予定。仕事じゃなくても自宅待機は必須。後半はどうなるのかなぁ。

ホーンテッド・キャンパス 白い椿と落ちにけり(櫛木理宇)

もう何冊めだったけ。当初は幽霊も出てくる怖めの話で読んでいたはずだが、最近は主人公の恋の行方の方が気になるという、目的変わっちゃたかなのシリーズになっている。

とはいえ、やはり怪奇ものが話の主軸ではあるのだが、ポルターガイスト現象が発生しても、人の顔が変わってしまっても、なんとなく、そして店舗よく解決してしまうと。。。たまにはもっとハラハラするのをお願いしたい気分※。

※ ハラハラするのをお願いしたい気分
読んでいる人の気分でも変わることなので、あくまでも今現在のブログ主の個人の感想です。

妖怪の子預かります(廣嶋玲子)

ちょっと本を片付けていたら、見覚えのない本を見つけた。おそらく、何かと一緒に買ったのだが、他の本に追い抜かれて、そのまま埋もれてしまったのだろう。

ということで読み始めてみた。最初はなんか暗そうな話かなぁと思っていたら、意外とそうでもなかったので助かった。

妖怪の子供預かりをする、妖怪うぶめの住む石を主人公の弥助が壊してしまったことから、罰として行方不明になったうぶめが見つかるまで妖怪の子供を預かることになるという話。

1巻で事件も解決するし、弥助の育ての親である不思議な雰囲気を持つ盲目の千弥の正体までわかってしまうので、1冊限りかと思ったのだが。

あとがきでシリーズが決まったと書いてあったので、本屋を探したら2冊出ていたの続けて読んでみた。以下続編の「嘘つきの娘」「妖怪たちの四季」。前者は長編物。後者は登場人物(妖怪)の過去の話の物語。

 

 

 

生憎の天気

目がさめると雨が降っている。しばらくして雨は止んだものの、暑い雲に覆われて生憎の曇天だが、明日も午前中に雨が降るらしいので、ちょっと花見に出かける。

この辺は桜の古木が多くて、川沿いはどこに行っても見応えがある。雨のおかげで人手も今ひとつなので、写真を撮るのも気が楽で良い。

桜の下を歩くのもいいのだが、今日は反対岸からの鑑賞。桜の木が重なって迫力のある絵が撮れた。

反対側にもちょっとだけ桜が咲いている場所がある。こちら側は人が少なく桜の屋根を独り占め。

ちょっと歩いて別のところへ。土手の下に桜が並んでいるので、降りて見上げるとまた格別。

そして大好きなしだれに。この写真のしだれは、昨年あまり花をつけなかったので枯れてしまうのかと心配したが、今年はきちんと咲いてくれた。明日は、別の場所のしだれを観に行こう。

明日の予報では、9時くらいから雨の予報なので早起きして出かけてみよう。

ちょっと花見

せっかくの休みだが、昨日はあいにくの雨&寒さで出かける気にもなれなかった。今日は朝からお日様も出ている。でも午後は曇りがちということで、ぷらっと花見がてらのお散歩。

先週が比較的暖かかったので、東京はかなり咲いていたのだが、ちょっと田舎になると1分から5分咲き程度の咲きっぷり。今週は暖かくなるらしいので、来週あたりは散り始めかなぁ

日当たりの良い場所の桜の一部には、8分咲きのものも。

そんな桜にはヒヨドリが集まる。

ソメイヨシノでない別種類の桜は満開。

いつの間にか植えられていた家の目の前のしだれ桜。春になるとはっと気がつくんだよなぁ

そういえば、昨年に引き続き今年も花粉症の症状が軽かった。ニュースでは「今年の飛散量は例年より低めで長引きそう」なんて言っていたけど、長引いている感じでは無い。杉の木も少し控えめになってきたのだろうか?毎年これくらいなら楽で良いのだが。。。
(マスクはしないでお出かけだが、全然大丈夫だった)

 

年度末

3月末でミレミアムフライデーな今日。年度末に加えて2年ちょっと絡んでいた仕事から足を洗えることになった※。あーっ気持ち的にかなり楽になるのがちと嬉しい。

まぁ来週から新しい仕事も始まるので、土日はゆっくり羽を伸ばすことにしよう。桜どれくらい咲いているかなぁ。

※ 足を洗えることになった
終わる理由はこちらの瑕疵ではないし、この仕事はいろいろあったので、ほっとするやら。ぜひこのまま完全な終わりになってほしいものだ。つうか、最悪な客とは関わりたくないですな。
来週以降はここに関わることは全拒否してやる。と愚痴ってみる

ちょっと飲みたい気分なので、今日だけ解禁。控えていたビール飲んじゃいますかぁ

魔神航路Z ゼウスとの決戦

当初書き下ろしから始まったこのシリーズ。勢いで読んでいたがついに完結、だがなんか長かった。最後の最後はほぼ想像通りなので、まぁ満足ではあるのだが、次が出るまで間があるので、主人公とテューポーン以外の融合が頭に入らないので、登場人物のイメージがグダグダなままで終わってしまった(ギリシャ神話系の名前は苦手だなぁ)。

個人的には、2冊目以降はちょっと話を圧縮してくれても良かったような。。。

 

姦しい

女三人寄れば…などといいますが。Gの♀が3匹よると♂がいなくても単為生殖ができるんだそうだ(と言うニュースを見つけた)。

元々、単為生殖できるとのことですが、太古から絶滅せずに生き残っている種だけのことはある。魚や両生類には♂⇔♀せいてんかんできる種類もいるので、そんなに驚くことでは無いのだが、♂がいればそのまま、いなければ♀だけで種が残せるというのは、ただただあきれると言うか。。。

人間に関しては、平和だと♂が増えて平和で無いと♂が減ると言う話を聞いたことがある。このまま平和と言うこともなさそうなので、未来の人類は♂がほとんどいなくなって♀だけになったりするのだろうか?(なんかそんなマンガあった様な)

実際そうなったらハーレム状態だけど、女子校の実態とかを聞くとねぇ。。。(こんな事を書いていたら、Gのハーレムを想像してしまった。いやぁぁぁっ)

 

 

1 / 5412345678...最後 »